So-net無料ブログ作成
検索選択

ピンキー

シャビアナとカンテの交配種
色のバリエーションもブルーっぽいものからピンクっぽいものまで色々らしい
女性に人気ありそう お隣韓国ではすでに人気あるみたい
日本の女性に どこ見てんのよーって言いたい感じ よけいなお世話だね
似たようなものにモーニングライトがあるね 区別がつかない
専門書?によるとサブリギダとシャビアナの交配種と写真説明のところに書いてあるのに
同じ本の後ろのhybrid index ではカンテとシャビアナの交配種になってる
わかってるのかなー 書いてる人も 本当の所よくわかってないのかも
ピンキーの栽培に関しては何の問題もないね シャビアナよりはるかに簡単
親がわかってるから もしバイラスに感染しても安心だ
バイラスに関しては 最近複数の掲示板や人気ブロガーさんが話題にしてるね
この話をしたらおじさんは一晩しゃべっても話足りないくらい様々な思いがあるな
エケベリア栽培の最大のネックがこのバイラス
必ずこのバイラスの壁にぶち当たる
その昔おじさんがサボテンに夢中だった頃 よく実生接ぎをやった
その時使った台木の三角柱 表面にバイラスの印とされる黄色のリングの模様が
そのときからのながーい付き合い ただ勘違いの場合も多い
その見極めが難しい この話は長くなりそうなのでいずれ又


s-ピンキーP6030038.jpg 

nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

ロメオ

はじめまして。7年前の過去記事にコメントして読んで頂けるか分かりませんがコメント残していきます。
私は北海道で多肉を趣味で少しだけ育てている園芸3年目のルーキーです。
時々、多肉おじさんのブログを遡って読ませて頂いてますが勉強になります。

この記事にある親がわかってるからバイラスに感染しても安心ってのがどういう意味なのか、このルーキーめにどうか教えて頂けないかと思いコメントさせてもらいました。

また度々読ませてもらいますね。

by ロメオ (2016-03-17 22:43) 

ビスナガ

ロメオ様

コメント有難うございます。おまけに、その昔の記事にコメントいただき恐縮です。ロメオ様のコメントを拝見して我が目を疑いました。
7年前の記事? 自分的には4年か長くても5年位ブログやってるかなって思ってたので。時間はあっという間に過ぎていきますね。
自分の時間って、一瞬たりとも無駄にはできませんね。

質問の件ですが、基本的に実生苗はバイラスフリーですので、
親がわかっていれば、たとえバイラス感染しても、実生でクリーンな苗を再生する事ができるって意味です。
親の不明なできちゃった苗は、いったんバイラス感染するとクリーンな苗を再生することはできません。

ただ、交配親がわかっていても、バイラスに感染してようが、してまいが、同じ交配で再生したという話はおじさんは聞いた事ありません。
マニアは皆新しいものが好き?で、また交配する人は商売的にも同じものは作出せず、常に新しい交配をしてるみたいです。

まあ、そんな感じです。ちなみにおじさんのブログは読み流していただくと、うれしいです。時々思い込みや間違ってる事もあるかも。

ところでロメオ様は北海道ですか?
ここ数年おじさんのバカ息子が営業で時々北海道に行きます。
北海道土産って超うめー!

超旨いグルメと多肉、うらやましい限りです。



by ビスナガ (2016-03-20 16:03) 

ロメオ

お返事ありがとうございます!
実生=ウイルスフリーという事だったのですね。勉強になります。

過去記事を読ませて頂いてますが多肉だけではなく、昔の多肉おじさんの思い出話もすごい面白いです(笑)

僕は北海道の函館に住んでいます。
田舎の地方都市ですが、冬以外は過ごしやすく食べ物も美味しいです。
特に朝イカが有名です。身が透明でキラキラ透き通ってるんですよ。

ブログを何年も継続して書かれてるってすごい事だと思います。
過去記事を読ませてもらいながら何度も
「おぉ、そうだったのか」と思うことがありました。
多肉おじさんの数年分をこれから読破しようと思っています。
また、途中の記事でコメントさせて下さい。
そして、気が向きましたらまたお返事頂けると嬉しいです。

季節の変わり目ですので体調崩されぬようご自愛下さい。


by ロメオ (2016-03-21 08:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。