So-net無料ブログ作成

パリダ

和名は霜の鶴
栽培は超簡単 でもすぐ徒長する
常にカットして作り直さなければならない
まずは昔ながらの霜の鶴


s-PAパリダ.jpg




パリダの交配種 紅の鶴? と 華の鶴?
おじさんの所にその二つのラベルが でも同じものみたい


s-PA紅の鶴.jpg





パリダはジュリアと同じくすぐ種が稔る
実生も簡単なので交配種ができやすい
アメリカでも同じらしい
アメリカでできたパリダの交配種その一


ブロンディ


s-PAブロンディ.jpg





その二
レモントウィストの石化
本当にレモン色 うまく色がだせない
腕が悪い それともカメラのせい? 
多肉の作りが悪いから が正解かな


s-PAレモントウィスト.jpg





パリダの実生苗 一年生
おじさん所有のパリダ すべてあやしい バイラスっぽい
実生で再生 来年は間違いなく30センチ以上になるね


s-PAパリダ実生.jpg





今年はパリダとラウイーを交配 発芽率超良好
本物の白鳳の実生苗ができるかも
もし来年までおじさんのブログ続いたら報告できるかな

おまけ


九輪塔 と なめこ



おじさんが利用してる堆肥屋さん
堆肥を作るのに経費節減のため純粋のオガクズのかわりにあるものを使用してる
それはなめこのおがくず栽培で役目が終わった廃床とよばれるもの
それを家畜の糞と混ぜて発酵させる
でもいくら発酵させても菌は死なないらしい
いつも多肉の横からなめこが出てくる
きのこの菌の生命力 恐るべし


s-PA九輪塔.jpg




コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。