So-net無料ブログ作成
検索選択

高砂の翁

高砂の翁

日本発のキャベツ型エケの代表種?

I C N によれば E. crenulata? と carnicolor 銀明色 の交配種 
ただし crenulata クレヌラータは長いこと栽培されてないので 片親ではないだろうという話
半世紀前の日本の多肉の本には crenulata の解説が もちろん carnicolor 銀明色も
紅乙姫なんて和名も付いてる 海外はともかく 日本では栽培されてたかも
エケの原種本での crenulata の推測写真は 限りなく 日本の高砂の翁に似てる

栽培は簡単だけど 他のキャベツ型エケと比べると 寒さに弱い そして fragile
葉がデリケートで すぐ折れる やさしく触ってやらなければ 綺麗は保たれない?
色付き始めた 日本発 高砂の翁 のアップです



s-高砂の翁3.jpg



おじさん発 できちゃったキャベツ型エケ

両親不明 丈夫で長持ち ちょっといい感じ?



s-エケベリア hyb.2.jpg



七福神

E. secunda

最近 七福神系の人気 すごいらしい
確かに 多肉関係の記事で 七福神 や secunda の文字がやたら目に入る
実はおじさんも 最近買ったんです secunda の実生苗 自分で作ればいいのに
遠くの神様は偉くみえる って感じで誘惑に負けました
誰も興味ないおじさんのブログ内での品目別アクセスランキングでも
七福神を扱った記事が いつの間にかトックリランを抜いて首位に躍り出た
七福神を検索する多肉人が多いってことだと思う

おじさんにとって 七福神の魅力といえば 郷愁かな
小さいころ あちこちの家の庭や石垣にあたりまえのように ころがってた多肉
それが 七福神 その七福神を見ると 当時の光景がよみがえる
おじさんとこの庭に自生してる七福神も 元は親戚の家の石垣にぶら下がってたもの
その七福神 近年の猛暑で絶滅寸前 
夏 西日が当たらないところに何十年ぶりに引っ越した
あんなに丈夫で長持ちの多肉だったのに やっぱり最近の気候 おかしい



s-secunda.jpg



不夜城

Aloe ×nobilis?

今年のアメリカサボテンジャーナルに 日本でいう不夜城の正体?についての記述が
従来は 不夜城の学名は A. mitriformis ミトリフォルミス とされてたようだけど
実際は A.arborescens 木立アロエ と A. mitriformis の交配種という解説があった
公式コメントかどうかは定かでないが 興味あるコメントだ
不夜城に薬効なんてあるはずが無いと思ってたのに 木立アロエの血が入ってるとは
いずれにしても 薬用アロエとしては使い勝手はよろしくない



s-不夜城2.jpg







最後はおじさんらしく イマイチな できちゃった 交配種

E. laui hyb.




s-laui hyb..jpg



おしまい









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: