So-net無料ブログ作成
検索選択

ダドレヤ sp.?

Dudleya sp.?


今年最初の多肉 名前不詳のダドレヤ sp.?
かなり昔 千葉のF園さんのハウスにて遭遇
ハウスの片隅にひっそりと生息してた その姿がおじさんの目にとまる
一鉢 お持ち帰り
趣味家さんが持ち込んだものらしい
ダドレヤの情報が日本では極端に少ない なので品種の確定が難しい
おそらく原種 というかそう思いたい

その花 おじさんの知る限り ダドレヤの中でもっとも濃黄色 超美しい
お持ち帰りのもの 知らないうちに自然消滅?
ただその株から採種したタネからの実生苗が おじさんの所で生育中 絶滅の危機は回避
そして その実生苗達も次々開花してるし 品種自体もそれなりにいい感じなので
以後 さらに気に留めて繁殖してみたい

ところでその千葉のF園さん 今超人気らしい
今の時代のビジネスって SNS や くちこみで人気が広がり 結果多くのファンができ
また そこを中心としたファン同士のコミュニティもどきが形成される
ファン同志の情報交換等で ますます信用は増大し 人の往来も増える
結果 商売繁盛ってことらしい F園さんを見てると 
これからのビジネスモデルの定型的な形のような気がします
そうなるための要因は色々あるらしいけど もっとも大事な要因は ずばり 人柄
何を隠そう おじさんも隠れファンのひとりです

その昔千葉のF園さんからお持ち帰りした ダドレヤの子孫?のアップです



s-ダドレヤsp..jpg



D. pachyphytum

パキフィツム

自生地を訪れた方の話では 現地ではその固体数 相当少ないらしい
実際 実生しても仙女盃のような訳にはいかない
ただその生育スピード 圧倒的に早い 
今回アップのもの たしか実生2年弱 すでに5寸鉢 花芽も見える
大事なのは ダドレヤが心地いい環境なのかも
生育順調な ダドレヤ パキフィツムの姿です



s-パキフィツム3.jpg



仙女盃とその仲間達

仙女盃と後ろ ヌビゲナとして流通してたもの
実際は仙女盃のタイプ違いなのか 別品種なのかわからない
ただ どちらも綺麗である事は間違いない



s-仙女盃9.jpg



s-仙女盃10.jpg



新しい年になりました 今年もよろしくお願いします
昨年は ついに失速 今年もいやな予感が でも とりあえず始めます

おじさんの永遠のテーマ 日本にいながら エキゾチックジャパンを体感する
そのひとつが 多肉やさぼてんに囲まれた日常
でも それって 感覚の世界 それだけでは中途半端
大事なのはもう一つ 胃袋でそれを体感すること
そのための手段として おじさんがやってる事 食生活をエキゾチックに

その一 フルーティー

イスラエルのグレープフルーツといわれてる フルーティー 
その苗をホームセンターで購入 あちらの味がする
フルーティーって実際は アメリカで作出されたもの
イスラエルではフルーティー アメリカではオロブランコってよばれてるらしい
多肉と同じく国によって呼び名が違う



s-フルーティ.jpg


その二

グレープフルーツ

この苗木もホームセンターで購入 結実しても大きくならない
最初は日本での温度不足かと思ってたけど どうも あれみたい
多肉やサボテンと同じく バイラスの仕業
柑橘の場合 弱毒性のバイラスを接種した苗を植えても やっぱりだめのことがよくある
きっぱりあきらめて また植えるしかない でももう少し様子みるかな



s-グレープフルーツ.jpg


その三

タヒチライム

メヒコでは濃いスープにライムは必需品
これを何にでもかけることで 食卓でメヒコの臭いが嗅げる
ライムの栽培のネックは 寒さに超弱い事
霜に当たると落果 おまけに結果率は超悪い
ホルモン処理をしないとだめらしい



s-タヒチライム.jpg



その四

レモン

霜がきたあとは レモン  こちらは長期間楽しめる



s-レモン.jpg



その五

最後はやっぱり タコス おじさんの勝負食
一年に何回か食べないと生きていけない?
そういえば 去年はあまり食べてない それが原因で失速?
ことしはたくさん食べて元気だそう
そうだ また遠征だ って 新年早々くだらない話ですみません



s-SN3U1202.jpg



おしまい







 









nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

weedy

はじめまして。
実はずいぶん前から、楽しく読ませていただいています。
ダドレアの実生は素晴らしいですね。私には高い壁になっています。
いきなりの質問で恐縮ですが、パキフィツムやヌビゲナは1本でも実るものでしょうか?
蒔き時期は取り蒔きでもいいのでしょうか?それとも秋を待つのでしょうか?
不躾ですが、何かヒントをご教授いただけたらと思います。
よろしくお願いします。
by weedy (2016-01-02 00:27) 

ビスナガ

weedy様

コメント有難うございます。
ブログ拝見しましたよ。 すげー!
拝見してるうちに、insularisの記事で久しぶりにビビっときました。
あれっておじさんが正月にアップした、Dudleya sp. とそっくり。
同じものかと思いきや、検索すると、その花は白ってことらしい。
これから要観察です。
質問の件ですが、実はおじさんも同じ事を植物に聞いてみたいです。
実際はダドレヤもエケ達も女心と同じ?で実に気まぐれなんですよ。
自家授粉する時もあれば、年によってはしない時も。
一番確実なのは、もう一株購入しての交配だと思います。
ではいつ蒔くかですが、これも私の場合結論が出てません。
いつも試行錯誤、とりまきの時もあれば秋に蒔く事もあります。
そして、どちらも、うまくいくときもあればだめな時もあります。
真面目に答えるとこんな感じです。
結論は自分で試して自分流を探すってことですかね。

最後に超大事な事ですが、植物も人間と同じく?タネができやすいものとそうでないものがあるようです。
キーワードはコレクションもタネまきも 選抜 です。
楽しみましょう。







by ビスナガ (2016-01-04 20:39) 

weedy

ありがとうございました。
なんとなく納得です。今年は仙女盃が2本咲きそうなので、これを頑張って見たいと思います。
選抜ができない困りものですが、これからもよろしくお願いします。
by weedy (2016-01-04 23:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: