So-net無料ブログ作成
検索選択

コンプレッシカウリス

E. compressicaulis

コンプレッシカウリス

あんみつ姫

ベネズエラ発のエケの原種
どう見ても おじさんにはエケに見えない
プロリフェラと呼ばれてた E. prolifica プロリフィカ と同じく エケなのか
セダムなのか 何なのか 見分けがつかない
流通名の命名者も エケとは認識せず名づけたそうな

栽培のポイントは その特徴を出すため 生育を適度に抑える事だそうだ
肥培管理が得意なおじさんには向かない
繁殖は超容易 葉挿しでもカットでも なんでもあり
画像のものは 実生から たまたま自家受粉で出来たタネを蒔いたら無数に発芽

画像の印象はイマイチ 実際の姿も同じ
ある意味脇役で けして主役には成りえない
でも主役ばかり見てるとすぐ飽きる
そうならないように コレクションにアクセントを付けるための 貴重な?脇役
脇役あっての主役って事かな
粗末に扱わないよう気をつけよう



s-コンプレッシカウリス.jpg



白牡丹hyb.

去年のおじさんのお遊び
白牡丹に花うららと 銀明色を交配してみた
結果は簡単に出る 一年で2寸ポットいっぱい
鑑賞価値があるかどうかは分からない
今はこんな感じで誰もが簡単に雑種を作り 適当な名前を付けて世に出す
画像左は花うらら 右は銀明色の血が
この白牡丹にあのラウイ様をかけたら ラウイ様に失礼かな?



s-白牡丹hyb..jpg



E. laui

前回アップした実生ラウイ他の画像 実際はイマイチというかイマ二
綺麗になる前の画像
今の時期 日に日に美しくラウイ様は変身する
変身の第一条件は お日様
毎日直射日光を当ててやると その白粉が浮き上がってきて見事な色合いになる
名誉挽回に再度アップ



s-laui.jpg



ラウトップ

こちらも再登場ってかネタ不足
肥培管理をしたところ 片親の Topsy Turvy トプシー タービーもどきに
生育を抑えた手前の3寸ポット苗はかろうじてラウイ様の面影が
もしかして2寸ポット時代が見ごろかも
花の命は結構短い? 長いのは綾瀬はるかだけ?



s-ラウトップ.jpg



久しぶりの更新
その気はあるのですが なかなか進まない
脳が退化してるのかも
今年のおじさんのキーワード 楽しく わくわく どきどき
毎日見ても わくわく どきどきする多肉のコレクション
想像しただけで毎日が楽しくなりそうな感じ やる気も湧いてくる
今年もよろしく



おしまい























nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。