So-net無料ブログ作成
検索選択

フーディア ゴルド二ー

Hoodia gordonii

ゴルド二ー

フーディアの代表種 その昔 ブッシュマンが狩猟に出かける時 
空腹感を抑えるため食べてたのが このゴルド二ーだそうだ
ほかにもいろいろ種類はあるけど 食欲抑制の効果があるのは このゴルド二ーだけ らしい
その効果が今の時代 ダイエットの手段として利用されてるってわけ
でも 食べたら空腹感を遅らせるなんて効果 おじさんは遠慮したい
フーディア入りの食品カプセル商売が成立するって 世の中いろいろですね

フーディアの栽培経験は長い でも特定の品種名が付いたものは栽培した事がない
日本で栽培してタネを収穫する場合 ほとんどの場合 交配はクソバエに頼ることになる
そのため 品種の特定が難しい 挿し木の成功率も極めて低い
仮に成功したとしても ポット栽培の場合 老化現象が早くて 美しさを長く保てない
品種ごとに違うハウスで栽培して タネを収穫してみようと思ってる
今 5種類ほどの実生苗ができた 本物と仮定して 挑戦だ
とは言っても 花をみて確認するまでは 長い道のり 途中で飽きるかも
今回できた5種類のなかで 早くから アームが形成されたのは このゴルド二ーだけ
本物であってほしい 実生 ゴルド二ー のアップです



s-gordonii.jpg



H. ruschii

ルスチー?

こちらも本物と仮定してアップです



s-ruschii.jpg



Sedum clavatum

クラバツム

以前ロッティーとして アップしたもの 
ブロガーさんの指摘でその正体に気づいた次第 すでに クラバツムとしても 販売もされてる



s-clavatum.jpg



Bighorn?

ビッグ ホーン?

検索しても よくわからない
ユーフォルビアのgrandicornis キリン冠に付けられたニックネームとしてはでてくるけど
bighorn なら オオツノヒツジ big horn なら 大きい角?
どちらをイメージして名づけられたのかも判らない
検索してたら おじさんの昔の画像 ビック ホーンになってた 
色付きはじめた ビックじゃなくて ビッグホーンのアップです



s-Big Horn.jpg



E. gigantea

商品名 ジュリアの実生から



s-gigantea.jpg



おしまい



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。