So-net無料ブログ作成
検索選択

クリスマス

E. Christmas

クリスマス


かなり前から出回ってる割には クリスマスを画像検索しても ほとんど見かけない
同じクリスマスでも クリスマス イブの画像ばかり
たまにみつけても 別品種?みたい
おじさんも クリスマスは繁殖率悪しという先入観有
そのため 芯止め以外の繁殖を試みたことなし
片親がアガボイデスとされてたため 葉ざしの成功率が低いと思い込んでました

ICNの解説を見てびっくり なんと Echeveria Cultivarsでの解説は誤りとの記述が
エケ本では クリスマスは 花うららとアガボイデスの組み合わせになってるのに
片親はアガボイデスではないとのこと 理由は
クリスマスにアガボイデスの特徴が見られない かなりあいまいな理由だけど
ちなみに ICNでは 花うららとエケベリアの何かとの組み合わせになってる

濃い緑のロゼットは結構魅力的なので 今葉ざしの試験中
Echeveria Cultivars の解説では葉ざし可能とあるけど 著者が実際行ったかは疑問
まっそのうち結果がでるはず
ちなみに 旧ICNの解説によると クリスマスはアメリカでは
E, pulidonis green form 花うららのグリーンフォーム と呼ばれてるそうな
半日陰での肥培管理なので 特徴はいまいち出てませんが
芯止めした画像とともに クリスマスの今の姿です



s-Christmas.jpg



s-Christmas2.jpg



他の多肉の画像も少し

D.gnoma White Sprite

グノマ



s-gnoma5.jpg



ジョセリンさんのコレクションから

E.Zanadoo



s-Zanadoo2.jpg



開花間近なチェリープリンセス



s-チェリープリンセス5.jpg



ピンキーとシャビアナの組み合わせ 

ピンシャビ



s-ピンシャビ.jpg



1ヶ月前の画像ですが

天狗の舞



s-天狗の舞5.jpg



おまけ



くくりワナ

箱ワナを設置したとたん イノシシはその場所に近づかなくなりました
しかし そこを避けて通るため 例の獣道ができたのです
そこで おじさん おきて破りの行動にでたんです
通常 箱ワナを設置する人とくくりワナを設置する人の間には 暗黙のルールが
お互いの縄張りを荒らさない
その暗黙のルール?を無視して名人にくくりワナの設置を頼んだんです
とにかく イノシシ野郎を捕獲しないとどうしょうもないので

結果は1つの獣道に3箇所くくりワナを設置した結果
なんと1週間に鹿とイイノシシ2頭がワナにかかりました
鹿はオスでイノシシはメスでした イノシシ野郎ではなくて イノシシ女でした
イノシシの肉は 鍋とカレー用の肉としておじさんの胃袋の中

くくりワナと獣道 そしてワナにかかった鹿とイノシシの画像です



s-くくりわな1.jpg



s-くくりわな2.jpg



s-くくりわな3.jpg



s-獣道.jpg



s-鹿.jpg



s-イノシシ.jpg



これで一件落着かと思いきや 勝負はこれからです
じつは別のイノシシがおじさんの大事な明日葉を荒らしに来るんです
明日葉を掘り起こして その根を食べに
明日葉はおじさんの地域では 別名 チ〇立ち草
男性が食べると 精力がつくらしい
実際毎日食べてもなんの変化もありませんが
ところが先日 箱ワナを設置した方から有益?な情報が
明日葉はその根が精力剤なんだそうです
明日葉の根の焼酎漬け かなり効くそうですよ
なんと野生のイノシシはその事実知ってたに違いない
精力倍増のイノシシとおじさんの戦いはまだまだ続きます



おしまい