So-net無料ブログ作成

ラウトップ

E. Exotic

エキゾチック

laui ラウイ と Topsy Turvy トプシータービー の組み合わせ
ICN では Exotic 
日本では ラウトップ という名で大量に流通してる
始まりは 韓国だと聞いている
おそらく 一本?からの繁殖だと思う
トプシータービーの血を受け継いでいるためか 葉挿しの成功率は超高いみたい
おじさん ラウトップの栽培経験が浅いため その完成した姿 まだ見てません
生育スピードはかなりはやい 鑑賞価値は中の上?
正式名?のように エキゾチックな姿に変身するのか ちょっと楽しみ
1,2年後の姿 要観察の ラウトップのアップです



s-ラウトップ.jpg



ピンシャビ


ピンキーとシャビアナの組み合わせ
生育スピードは超はやい 尺鉢仕様の少し前の画像です



s-ピンシャビ.jpg



真ん中の2寸ポットのチビさんと一緒に



s-ピンシャビ2.jpg



E. Louise

ルイーズ

ジョセリンさん作?
栽培容易 繁殖超容易 鑑賞価値??
市民権を得るまで普及するか 要観察なルイーズのアップです



s-Louise.jpg



E. Ben Badis

ベン バディス

下の画像 もしかして斑入り? でも あれっぽい
おそらく バイラス?



s-Ben Badis.jpg



毎年アップしてる ベルスの仲間達 
でもいつも時期はずれ 今年も同じパターン
来年こそは 適期にアップしよう とりあえず 今年の画像です



s-ベルス.jpg



チェリー プリンセス

友人作のベルスの交配種
おそらく 今の時点でベルスの交配種のなかでは最高峰

最近国内で発売された エケの本 おじさんも買いました
すごい仕事をされたと思いますが 気になる記述もあちこちに
例えば Graptoveria Super Star
交配式がベルスとラウイになってますが 
これこそが 今回アップのチェリー プリンセス
解説画像はスーパースターでもチェリーでもなく
おそらくセブンスターの名で世に出てる ベルスと七福神の交配種
スーパースターは小型で赤花 最近は全く見ることありません 日本では絶滅したかも

他にも友人がらみで ラウリンゼ
この品種も友人作と記述されてますが 誤情報です
友人が所有するラウリンゼは故平尾氏からいただいたもの 
おじさんが聞いてた情報は ハオルチアで超有名なA女史作
随分前 直接聞いた事がありますが そのときの答えは
ラウイのそばにリンゼアナがあったのよねー という事でした
自身が作出されたとは断言されず じつにあいまいな感じでした
とはいえ この本にはおじさんも知らない情報が多々有り 目の保養にもなるね
この本のさらなる進化を期待ですな



s-チェリープリンセス.jpg



最後にもう一つ



Pachyphytum oviferum Rose? Rosa?



s-Rose.jpg



おしまい



 












ビッグ ブルー

E. Big Blue

ビッグ ブルー  


オーストラリア発のビッグ ブルー
前回アップした ニュージーランド発の secunda?の改良種と同じ名前
ICN でも堂々と同じ名前で二つの品種が登録されてる
このダブルネーミング これからの普及具合でどちらかに統一されるのかも

今回アップのビッグ ブルー 
どうみても あのジョセリンさん作?の Louise ルイーズの大型タイプにしか見えない
ビッグにはビッグだけれど ブルーを名乗るのはいかがなものかと思う
どちらも あまり普及してないけど 存在感は secunda? の改良種の勝ち?
30cm位のロゼットになりそうだが どれだけ肥大するかパンクするまで肥培の予定
市民権を得るまで 普及するか疑問のオーストラリア発の ビッグ ブルーのアップです



s-Big Blue2.jpg



Hoodia gordonii

フーディア ゴルド二ー

国産のタネが欲しくて 地球に地植え ただ今開花中
フーディアの場合 色々な品種を混植すると 苦労せずタネは実る
ただ品種の確認ができない
 
今回のミッションは 単品での純粋なゴルド二ーのタネの収穫



s-goldnii.jpg



フーディアの交配要員は その花の腐った肉の臭いに誘われてやってくる クソバエ君
フーディアはその性質上 ハウスの一番暑い場所に置きがちだが
それだと暑すぎて クソバエ君が寄り付かない
クソバエ君に気を使って 少し環境を変える必要がある
そして ついに待望のクソバエ君がやって来た
ただ 今だタネは実ってません(泣
実るまで おじさんの挑戦は続く



s-goldnii2.jpg



Cyphostemma juttae

ぶどうがめ

何本か開花してるけど 自家受粉してるのかどうか不明
確かにぶどうのような実はなるね
季節が変わるたびに ハウスに入れたり出したり数十年
手がかかっても 可愛いぶどうがめのアップです



s-juttae.jpg






Pleiospilos bolusii

ほうらん

猛暑の中 開花中のほうらん 
自家受粉するし 開花も一度だけでなく 複数回咲く優れものです
メセンなのに 夏にタフな ほうらん親子の画像です



s-ほうらん.jpg



おしまい

 



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。