So-net無料ブログ作成

黒死蝶?

Kalanchoe fumifica

フミフィカ  黒死蝶?

黒死蝶なる名前の付いた ちょっと変わったカランコエ
市民権を得た名前かどうか分かりませんが
でも ほとんどの場合 この世界では早いもの勝ち
ただ 別の名前で大量普及すれば とって変わられるかも

前回アップの ピンクバタフライズと同じく その葉に多くのこどもをつける
でも 不死鳥のように 雑草もどきになる恐れはなさそうだ
ほどほどのスピードで繁殖してくれる
肥培しないで 乾燥気味で育てるのがコツかな
でないと 葉が緑?に変身する
コレクションにアクセントをつける意味でも 存在価値はありそうだ
今の時期 結構黒い 黒死蝶?のアップです



s-黒死蝶.jpg



肥培すると



s-黒死蝶2.jpg



葉からこぼれて 自然に根付いた子達



s-黒死蝶3.jpg



Aloe humilis special clone ?

より進化した アロエ フミリス 原種なのか 交配種なのかは不明
これらからの 実生苗ができてるので どうなるか楽しみ



s-フミリス.jpg



サビダニ


この時期また サビダニの被害が出てる
農薬散布後に ルーペで確認できたので 薬が効いたのかどうか分からない

おじさんの ダニとの戦いの歴史は古い
いまから30年以上まえの話 もう時効だと思いますが
某試験場で ダニの消毒の裏技に 中性洗剤の○イポンを使用してるという情報ゲット
多くの農家は農協から 業務用の○イポンを購入し ダニ剤として散布
もちろん おじさんも 
展着剤なしで700倍で散布するというもの
当時は今ほど 農薬の使用基準は厳しくなかったような
確かに成虫には 抜群の効果有り
おじさんが なぜ使用を止めたかははっきり覚えてませんが
おそらく それに殺菌剤を混ぜて使用し 薬害が出たからだと思います
ただ多肉やサボテンには使ったことはありません
良い子?の 多肉マニアはそんな事やらないように! 
サビダニ被害の アエオのシリアツムです



s-シリアツム.jpg



Aloe broomii

ブローミー

こちらの小さい斑点はダニの被害ではなく 生理現象



s-ブローミー.jpg



キリンウチワ


よくサボテンの実生接ぎに使われる キリンウチワ
長く栽培してますが 今回はじめて その花にお目にかかれました
花のつき方はユニークですが その寿命は一日



s-キリンウチワ2.jpg



s-キリンウチワ.jpg



最後は一年中そこそこ楽しめる 斑入り花キリン



s-花キリン.jpg



おしまい

















nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。